2012年04月29日

26歳女医とナンパでセックス





1945年の終戦後、1960、70年代の高度経済成長期を
日本人は真面目に前を向いて働いてきました。

いい大学に入っていい企業に入る

この言葉が社会の共通の価値観として使われ
親から子へ。子から孫へ。伝えられていきました。

1980年代後半、日本にバブル景気が訪れました。
バブル景気は真面目に働いてきた日本人を浮き足立たせ
価値観を変えていきました。

1990年代に入るとバブルは弾け、不景気が訪れます。
不景気が訪れても親が子に求めるのはいつも同じです。

いい大学に入っていい企業に入る

このスローガンが日本から消えた事は一度もありませんでした。
そして、今の20代、30代は真面目に勉強して真面目に働けば良いと
子供の頃に教えられてきた世代です。

それが善だった訳です。

posted by ナンパ次郎 at 14:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。